ビタミンEを補充すると心臓病を予防できます

2019-09-10

これは同じコレステロール値の人でも、ビタミンEをたっぷり摂れば心臓病のリスクが下がるという意味です。専門家の間ではCHAOSと呼ばれる有名な研究――ケンブリッジ心臓酸化防止剤研究(Cambridge heartiondant study)は、ビタミンEの長所を確実に証明しています。

この研究は2002人の心臓病と診断された患者を対象に、二重盲法で行われた。その中の一つの研究対象ビタミンEのサプリメントを与えます。もう一つの対照グループは偽物のサプリメントを与えました。

510日間の研究を経て、この間ビタミンEサプリメントを与えられた患者の発作率は対照グループより77%低い。

アンティxidantは、抗酸化剤であり、ビタミンEはビタミンCと同じように人体内で合成できないので、食べ物を通して摂取する必要がある栄養素です。

ビタミンCは水溶性で、ビタミンEは脂溶性です。ビタミンEは脂質からなる細胞膜に入ると、細胞膜の酸化を防ぐ効果があります。また、細胞外組織液に存在するビタミンCと連携して抗酸化システムを構成します。この栄養を豊富に含んでいるのは、細かく加工されていない谷類、種、ナッツなどがあります。このような食品をよく食べない人は、ビタミンEを十分に摂取することができません。